眼科

  • 記事
  • 診療内容
  • 記事

  • 診療内容

    【眼科】
    眼科は、近視、乱視、遠視、老眼、痛みや異物感、出血、眼の疲れ、かすみや異物が見えるといった見え方の異常など、まぶた、結膜、角膜、水晶体、眼底、眼窩など、目に関する病気の診察・治療を行う診療科です。具体的には、視力が落ちた、モノが見えづらい、視野が狭くなった、目が疲れる・乾く・充血する、痛みや異物感がある、まぶたが腫れるなどがある場合、視力・視野検査、顕微鏡・眼底鏡検査、血液検査、CTスキャンなどによって診断が下されます。またコンタクトレンズやメガネの処方も眼科医が行っています。

    ▼おもな病気
    白内障/緑内障/ドライアイ/飛蚊症、網膜はく離/糖尿病網膜症/アレルギー性結膜炎/黄斑変性症/近視/遠視/乱視/角膜感染症/花粉症/眼瞼けいれん/ウイルス性結膜炎/はやり目/ものもらい/眼精疲労(疲れ目)/視神経炎

    ▼おもな症状
    眼が乾く/かゆい/疲れる/痛い/充血/眼がゴロゴロする/視力低下/遠くがかすむ/近くが見えない/涙が出る/異物が飛んで見える/めやにが出る/コンタクトやメガネがあわない/まぶしい