小児歯科

  • 記事
  • 診療内容
  • 記事

  • 診療内容

    【小児歯科】
    小児歯科とは、成長発育期にある子供の虫歯の予防および治療を行う診療科です。虫歯の治療だけではなく、歯磨きの指導や食事指導、定期検査、フッ素塗布、歯並びの矯正などを実施して、虫歯や歯周病の予防の手助けを行います。対象となる子供の年齢に特別な定めはなく、0歳児から12歳くらいまでとしている医療機関もあれば、15歳くらい(中学校3年)まで、あるいは20歳ころまでとしているところもあります。