緩和ケア(ホスピス)

  • 記事
  • 診療内容
  • 記事

  • 診療内容

    【緩和ケア】
    緩和ケアとは、がんそのものの根本治療ではなく、それに伴う苦痛の緩和を目的としています。具体的には、肉体的痛みの緩和、精神的な不安の緩和、日常生活の援助をしながら、生活の質を高めて前向きに生きていけるよう支えていきます。
    従来「緩和ケア」は「治療不可能な末期状態の患者および家族に対しておこなわれるケア」と定義されていました。2006年6月に成立した「がん対策基本法」の中で、緩和ケアは抗がん治療と同時に行っていくべきとして早期からホスピス緩和ケアが提供されるための指針を打ち出しています。がん治療の初期段階から、外科手術、化学療法、放射線療法などと連携しながら、緩和ケアも増えています。