ホリスティック医学

  • 記事
  • 診療内容
  • 記事

  • 診療内容

    【ホリスティック医学】
    ホリスティック医学とは、人間や病気を近代化学の考えを基本とする西洋医学のように分析的にみるのではなく、ホリスティックに捉えるというところに特徴があります。「holistic(ホリスティック)」という英語は、ギリシャ語の「holos(全体)」を語源とした言葉で、全体的とか包括的という意味をもちます。
    人間というのは、身体だけでなく、心や環境との関係性で存在する、有機的な統合体と捉えるわけです。つまり、病気というのは、その関係性のバランスが崩れ、歪みが生じている状態のことをいいます。従って、治療するということは、ただ単に症状をとるだけでなく、その裏に潜む真の原因を突き止め、歪んだ環境を正常にし、自分を取り戻すということになります。
    このホリスティック医学を1982年にいち早く、がんの治療に取り入れたのが、埼玉県の川越市にある「帯津三敬病院」です。ここでは、西洋医学、中国医学(漢方薬、気功、ハリ)、心理療法、代替医療(ビタミンC大量療法、食事療法、各種民間療法など)を柱に患者自らががんと真正面から向かいあう「がん総合戦略」を展開し、実績をあげています。

    ▼主な病気
    筋肉や関節の痛み/頸肩腕症候群(肩こりなど)/腰痛/ぎっくり腰/坐骨神経痛/上腕神経痛/頭痛頭重感(脳内の病気を除く)/肩関節周囲炎(五十肩)/膝関節痛/腱鞘炎(感冒・扁桃炎など)/せき/気管支喘息/胃けいれん/胃炎/下腹痛/下痢/子どもの夜泣き/夜尿症/尿失禁/月経不順/月経困難症/不妊症/冷え症/顔面神経まひ/脳血管障害後遺症/低血圧症/自律神経失調症/不眠症/神経症/かぜひき体質の改善/アトピー性皮膚炎