肛門科

  • 記事
  • 診療内容
  • 記事

  • 診療内容

    【肛門科】
    肛門科とは、肛門に関する病気を扱う外科の一分野です。代表的な病気としては、痔核(イボ痔)、痔ろう、裂肛(切れ痔)があります。診察は、問診によって具体的な症状を聞き取り、次に肛門の周囲を指診します。さらに肛門鏡で肛門内を観察し診断を下します。また、診断を確実にするため血液検査や肛門内圧検査、肛門出血、下腹部痛、便秘などの症状から痔と思っていた人が、実は大腸の病気だったということも多いため、内視鏡検査、消化管造影検査、超音波検査なども行われます。8割は薬の治療や生活習慣、排便習慣の改善で治ります。手術が必要な場合でも日帰り手術が多くなっています。

    ▼主な病気
    痔核(いぼ痔)/嵌頓痔核/裂肛(切れ痔)/脱肛/肛門周囲膿瘍(直腸周囲膿瘍)/痔瘻/乳児の肛門周囲膿瘍/痔瘻/毛巣洞/直腸肛門異物/肛門ポリープ