腎臓内科

  • 記事
  • 診療内容
  • 記事

  • 診療内容

    【腎臓内科】
    腎臓内科は、血尿やタンパク尿が続く、腎機能が低下したなど内科的腎疾患を治療する科です。腎臓病はほとんどが無自覚無症状です。職場や学校などの検診で、血尿・タンパク尿が発見された、高血圧で治療が必要といわれた場合に、腎臓病の疑いがあるか再検査します。病気で言えば急性・慢性の腎炎や腎不全、糖尿病腎症、高血圧腎症、ネフローゼ症候群などが対象となり、これらの病気が重症化した場合には人工透析が必要となります。高血圧症、高脂血症、高尿酸血症などの生活習慣病の診療も行っています。

    ▼主な病気
    ネフローゼ症候群 IgA腎症 糖尿病性腎症 ループス腎炎 急速進行性糸球体腎炎 急性糸球体腎炎 アミロイド腎 多発性嚢胞腎 紫斑病性腎炎 急性腎不全 慢性腎不全 悪性高血圧 血管炎 急性腎盂腎炎